You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.
Let's Enjoy Mountain Biking

友の会設立趣旨


箕面山麓部のトレイルでは、ハイキング、トレイルランニング、日常の散歩、そしてマウンテンバイクライドなど多くの人びとが、
それぞれのスタイルで山に親しみ、愛着を持って、トレイルで過ごす時間を楽しんでいます。

しかしながら、すべての人たちがマウンテンバイクでトレイルに入ることについて好意的であるわけではなく、
マウンテンバイカーと他のトレイルを楽しむ人々との摩擦が生じていました。

このような状況に危機感を感じた仲間が集まり、これからも箕面のトレイルで、
多様な山の愛好家、活動家、地域住民と共にトレイルを楽しむことができる環境を維持することを目指しています。

友の会のFacebook


友の会Facebook

友の会の様々な活動はFacebookページでも更新されています。
是非いいねしてフォローしてください。

友の会マナーブック

友の会役員


Latest Blog Posts


新稲の森開放日についてのお話
2021年9月12日

こんにちは。9月に入り一気に秋っぽい気候になってきましたね。

このまま涼しくあってほしいです。

さて、通常であれば奇数月の第3日曜に開催をしています

「新稲の森開放日」ですが、9月19日は中止とさせて頂きます。

緊急事態宣言下の中、様々な検討を致しましたが中止を決めさせて頂きました。

楽しみにして頂いてる皆様 、ご報告が遅れまして申し訳ありませんでした。

その代替え日としてイレギュラーではありますが

10月2日(土)に「新稲の森開放日」の開催を予定しております。

詳細などは改めてご案内をさせて頂きますので

10月2日の予定は「新稲の森へ遊びに行く」でお願いします!!

大雨のあと
2021年8月25日

長く続いた雨。しかも降水量の多さがハンパなかった8月の雨。

ようやく落ち着いてきた雨。当分の間は勘弁して大雨。

雨が止んでも曇り空が続く日曜日に友の会メンバー少数精鋭で

状況確認と整備をする為に山麓部の谷山尾根から谷山谷にかけて

それぞれ用具を持って歩いて登りました。

山のハイキング道は案の定荒れていました。

倒木でハイキング道が塞がれて歩き辛い箇所

なぎ倒された木々や枝や葉で視界が悪くなっている箇所

流れる大量の水で大きく抉られ深い溝になっている箇所

いつも台風や大雨の後に山に入るとこの様な光景が広がっており

自然の力の壮絶さが身にしみると共に、悲しく心が掴まれる思いになります。

里山での活動をするにあたり多く口にする言葉「共存」とは

自然の力も合わせての共存なんだと改めて感じます。

登っていくと猪ががんばって掘り起こした形跡がたくさん。

このパワーをぜひdigに活かしてほしいと心でつぶやいてしまいます。

さらに登ると倒木と折れ木が次々とあらわれました。

折れ木とその葉でハイキング道が塞がれ視界が悪い箇所がたくさん。

倒木や折れ木はかかり木になっている事が多く単に切ればいいと言うものではありません。

「これ切ったらどうなる。」「ここから切って徐々に攻めていこう」など

切る前は必ず作戦会議をしてから実行します。まずは安全が一番なので。

切る場所から離れていても切った木が跳ねてくる場合もあるので細心の注意が必要です。

【作業前】

【作業後】

ハイキング道を跨ぐ様に倒れる木

どこから切るのか、切った後の木はどこに置くのかを決めてから作業に取り掛かります。

【作業前】

切った木は水も含んでいるので相当重い。

スリングを利用してあらかじめ決めていたハイキング道の支障のない場所に運びます。

【作業後】

今回の作業では一番難関だったかもしれません。

横からも上からも木が絡まってぶら下がっています。

【作業前】

上からぶら下がっている木は

もともと朽ちいてる木だったので地面の落ちた瞬間にボロボロに。

放っていたら歩いている人の頭上に落ちてくる可能性もあったので

今回、撤去できてよかったです。

【作業後】

他にも倒木雑木かかり木が多くありましたが

ハイキング道として通るのには問題なく通れる様になりました。

ただ、今回の大雨で緩んでいる木々があったり

緩んでいる地面があったりします。

少しの雨風で山の様子が変わる可能性もありますので

通られる際には十分にお気をつけください。

Share the Trails Tシャツ
2021年8月19日

夏はもうちょとかもしれませんが…Tシャツはまだまだ活用できそうです。

友の会で作成しています「Share the Trails」Tシャツを今年も販売致します。

Patagonia × In the woods の箕面マウンテンバイク友の会オリジナルTシャツです。

YETIと人が自転車をバックに握手し小動物達が喜んでいるなんとも平和なTシャツは

山やトレイルを訪れるみんながPeacefulで

気持ちよく楽しめる「Share the Trails」を願ったTシャツです。

下の方には箕面マウンテンバイク友の会もチラッと。

箕面マウンテンバイク友の会の目指すのも、もちろん「Share the Trails」です。 

TシャツはPatagnia メンズ・キャプリーン・クール・トレイル・シャツのSuperior Blue

速乾性と吸湿発散性を備え非常にソフトな素材。

リサイクル成分を50%〜100%を含むポリエステル素材を使用し

フェアトレード・サーティファイド縫製を採用しています。

サイズ:XS,S,M,L  

在庫枚数: XS 1 枚 / S 7 枚 / M 6枚 / L4枚 (8月19日現在)

下記 サイズ表を目安にして下さい。(XL,XXLサイズのご用意はございません)

金額: ¥4,059/1枚  ※お支払いは銀行振り込みのみでお願いします。

ご購入希望の方はメールにてお申し込お願いします。⇨mtbminoh1@gmail.com

メールには下記内容をお願い致します。

件名:Tシャツ

①お名前 ②希望サイズと枚数 ③ご住所(お送り先)④お電話番号 

お送り頂きましたメール宛にお振り込み先を返信させて頂きます。

Tシャツ代金+送料の金額をお振り込み確認後発送させて頂きます。

ご希望の枚数がご用意できない場合もございますのでご了承下さい。

皆様からのお申し込みお待ちしております。

すみません!!厳しい事言いますが,大切な事です。
2021年8月18日

お久しぶりに友の会のブログ更新をしております。そしていきなり厳しい事を書きますが

「里山での優先はハイカーさんでMTBがかっ飛ばす場所ではありません」

この行為は自分達の遊び場を自分達で無くそうとしている行為と、言う事です。

楽しくて思わず…気がついたら結構スピード出てた…気持ちはわかりますが

箕面の山もですが里山は、ハイカーさんと共存しながら自然を楽しむ場所で

ハイカーさんの目線で見るとそれは相当恐怖に感じると思います。

ここ数ヶ月は今までにないほどの多くの叱咤の連絡を頂いております。

マナーについて厳しくなるのは気持ちよく走る為もありますが

絶対にあってはならない衝突事故を避ける為でもあります。

「大きな事故が起きてから気をつける」なら「今から気をつけていきましょう」

大きな事故が起きない様にしていく事が何より一番大切です!!

「鈴」もご賛同頂き多くの方が装備として付け頂いている事は大変大変嬉しいですが

「鈴」があるから飛ばしても大丈夫なんて事は一切ありません。

厳しい事をつらつら書きましたが、この事はルールではなく里山での一般常識でマナーの範囲です。

里山を気持ちよく楽しむ為に、マナーを欠く走行は一人一人の意識で無くしていきましょう。

また、マナーの1つとして「自転車保険」に加入をしましょう。

個人的には必須!!と言いたいぐらいですが一応任意です。自分も家族も周りの人も守る為に。

長いコロナ禍において人混みを避けて多くの方が山を訪れます。

箕面の山は、都市近郊と言う事もあり本当に多くの方々が自然を楽しまれています。

その中で少し前によく耳にしたのは

「マウンテンバイクの人は止まって挨拶してくれて気持ちいい」

とても嬉しい言葉ですが残念ながらそれも昔のお話。

今は山の中で挨拶をすると「飛沫するから挨拶やめて」と市役所にクレームが入ります。

色々考えさせられる事です。コロナ禍において仕方がないのか…

「山の中で会ったら笑顔で挨拶」を当たり前のマナーとして啓蒙していて

それが気持ちいいと言って頂いていたのが今は大っぴらに当たり前の事をするのが難しい。

現状が落ち着くまでは、今まで通り「笑顔で挨拶」ですが会釈や距離を置いての挨拶を心掛けていきましょう。

現状を受け入れつつそれにあった楽しみ方で楽しんでいきましょう。

早く「大きな声で挨拶できる様に」と願うばかりです。