You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.
Let's Enjoy Mountain Biking

友の会設立趣旨


箕面山麓部のトレイルでは、ハイキング、トレイルランニング、日常の散歩、そしてマウンテンバイクライドなど多くの人びとが、
それぞれのスタイルで山に親しみ、愛着を持って、トレイルで過ごす時間を楽しんでいます。

しかしながら、すべての人たちがマウンテンバイクでトレイルに入ることについて好意的であるわけではなく、
マウンテンバイカーと他のトレイルを楽しむ人々との摩擦が生じていました。

このような状況に危機感を感じた仲間が集まり、これからも箕面のトレイルで、
多様な山の愛好家、活動家、地域住民と共にトレイルを楽しむことができる環境を維持することを目指しています。

友の会のFacebook


友の会Facebook

友の会の様々な活動はFacebookページでも更新されています。
是非いいねしてフォローしてください。

友の会マナーブック

友の会役員


Latest Blog Posts


第18回箕面の山の大掃除大作戦
2021年12月7日

今年で18回目の「箕面の山の大掃除大作戦」箕面マウンテンバイク友の会は10回目の参加です。

大掃除大作戦は、箕面の山パトロール隊が主催で今年はコロナ禍もあり昨年同様一般の募集はせずに

箕面の山に携わっている団体や役所の皆さん140名ほどで4箇所に分かれて開催されました。

友の会は「勝尾寺川 大ゴミコース」を担当しました。コース名ですでに「大ゴミ」と名が付いているコースなので

名前の通り不法投棄の温床の様な場所で大きなゴミも細かなゴミも大量です。

ここ何年か同じ場所を清掃していて当初よりは減ってきていますが…やはり多いです不法投棄。

ゴミの回収ポイントは箕面のドライブウェイ沿いで山の中腹部なので

そこまではマウンテンバイクに乗って移動します。

マウンテンバイクでドライブウェイを上って行く際には班に分かれます。

脚に自信のある速い班、のんびり班、ぼちぼち班、KIDSと一緒班など間隔を開けて一列に並んで登ります。

回収ポイントに到着すると友の会のメンバーでもありパトロール隊で今回のリーダーでもある渡辺から

作業場所の確認、作業の流れと時間配分そして安全確認や注意事項も伝えられ作業開始です。

ドライブウェイ沿いをさらに徒歩で上ってゴミを回収する班と

ドライブウェイから下に降りて勝尾寺川沿いでゴミを回収する班

2つの班で分かれてゴミ回収がスタート、川沿い班では

みるみる土嚢袋がゴミでパンパンになり山積みになっていきました。

中には液体が入っていたり危険な物もあるので注意をしながらの作業です。

気がつけば川沿いだけでもこのゴミの山…

砂防ダムもあるので流れてきた物が溜まってしまう場所でもありますが

意図的に捨てられたてあろう物も非常に多いです。

この川沿いで回収したゴミは後ほどドライブウェイ沿いまで引き上げます。

ドライブウェイ沿いを徒歩で上り行く班は三叉路まで上り

その間にドライブウェイ沿いのゴミを回収していきました。

車が多く通るので端っこに寄って寄って寄って….

作業に必要な道具はリーダーが一輪車で運びそれぞれのポイントで

声を掛けて必要な物を渡していきます。

ドライブウェイから少し下に降りると

オートバイ、テレビ、ソファ、毛布など様々な物が捨てられています。

引き上げはスリングで引き揚げます。

声を掛け合い安全確認をしっかりとして次々にゴミを引き揚げていきます。

連携プレーがスムーズでそれぞれのポイントでの作業が迅速に終わっていきます。

ドライブウェイ沿いで回収したゴミは最終集積場所まで持っていきます。

大きな物は一輪車に載せて運びます。

オートバイは車輪が回ってよかった…

回らなかったら持って運ばないといけないので…

それぞれ両手にいっぱいのゴミを持ち運んでいきます。

1人2往復から3往復ぐらいしました。

運びつつ感じるのは「山にどんなけ物を捨てるねん」です。

ドライブウェイ沿いのゴミの回収が済み

勝尾寺川沿いで集めたゴミをバケツリレー方式で全員で揚げます。

「これ重たい」とか「これ軽い」とか「ガラスやから危ない」とか

伝言的にみんな声出して何気に楽しそう?!

KIDS達も積極的に声を出してくれて大活躍です。

最終集積場所で集められたゴミの山は

箕面市のクリーンセンターが回収をしてくれ行政との連携もバッチリです。

その為にドライブウェイ沿いギリギリに集めています。

今回の箕面の山の大掃除大作戦全体で回収されたゴミは2,730㎏でした。

友の会総勢31名の参加で今年も怪我や事故なく無事に

大掃除大作戦「勝尾寺川大ゴミコース」終了しました。

お疲れ様でしたー!!

箕面マウンテンバイク友の会では、自分達が遊ばせてもらっている里山であり

自然を楽しませてくれている箕面の山を保全したいと言う気持ちから毎年参加させて頂いております。

特別なことではなくフィールドを守る為に今後も継続していきます。

友の会のメンバーは活動終了後、山に吸い込まれる様に消えていきました。

楽しく活動して楽しく乗るのは気持ちがいいです。

Work & Ride

コース攻略 feat.Transition Racing Team
2021年11月25日

MMC36が開催される前日の12月11日(土)

Transition Racing Teamの泉野龍雅選手、羽口鉄馬選手

【MMC36コース攻略MTBスクール】※普段Rideにも役に立つ

MTBスクールを開催致します。コースを大きく2つに分けて細かく

攻略法をお伝えします。翌日のMMC36のタイムアップに、

普段のRIdeの際のスキルアップに、 見逃せないスクールです。

【コース攻略MTBスクール詳細】

①10:00〜12:00 コース中盤フラットコース攻略 講師:羽口選手

②13:00〜15:00 コース前半縦横の動き攻略 講師:泉野選手

参加費:各¥5,000 ※20歳未満各¥3,000 当日お支払いください。

定 員:各10名

申し込み:件名:MTBスクール/希望コース/お名前/電話番号/年齢                           

を右記メールまでお送りください⇨mtbminoh@gmail.com

当日持ち物:MTB/ヘルメット/肘膝プロテクター(推奨)/水分

各自自転車傷害保険の加入をお願いします。

【講師紹介】

    泉野 龍雅 MTBプロライダー

2015年全日本選手権大会ジュニアチャンピオン/2019年Jシリーズシリーズチャンピオン

②13:00〜15:00コース前半縦横の動き攻略を担当

     羽口 鉄馬 MTBプロライダー

2019年全日本選手権大会ユースチャンピオン/2020年全日本選手権大会7位

①10:00〜12:00コース中盤フラットコース攻略を担当

定員になり次第締め切りますので早目のお申し込みをおすすめします。

「MMC36」新稲の森で開催
2021年11月25日

やってきましたこの季節ならではのMTBのお笑いイベント??

MMC36 (ミラクルマッシュルームカップ)

社会情勢を考慮し感染対策を取りながらの開催となりますので

ご参加、ご来場の皆様は下記【注意事項】をご覧頂き感染対策にご協力頂きます様お願い致します。

【注意事項】

▪︎発熱や体調が優れない場合は来場を自粛して下さい。                               (当日キャンセルの際は mmc.entry@gmail.com まで必ずメールをお願い致します。)

▪︎ご来場の方は選手、観戦にかかわらず全員の名前・連絡先を受付にて記入して頂きます。

▪︎ソーシャルディスタンスを確保し、必要に応じてマスクをするなどの対策をお願い致します。 

▪︎実力以上の無理な走行は控えて下さい。怪我をすると、痛いのはあなたです。

※社会情勢の変化により止む無く中止になる場合もあります。

楽しいMTBイベントなので、楽しいイベントをより安全に楽しめる様にみんなで協力していきましょう。

詳しくは主催のRAGE69のページをご確認お願い致します。

笑顔満載「新稲の森開放日」
2021年11月25日

すかっーとした秋晴れの中「新稲の森開放日」無事に終了しました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました。

奇数月の第3日曜日の「新稲の森開放日」ですが

本当に多くの方に知って頂き多くの方が遊びに来て下さいます。

今回も120名を超える方々がご家族でまたはお友達と

など様々なスタイルで楽しまれていました。

今回は本当に親子連れの方また初めて来られる方が多かったです。

「箕面でMTB乗れる」「箕面に新稲の森がある」と浸透している感じが

とても嬉しく、遠くは岡山県や三重県からも足を運んで下さいました。

親子で楽しまれていたり

お友達と楽しんでいたり

初めての方も慣れた方もそれぞれのMTBの楽しみ方で

自然とMTBが溶け込んだ笑顔が絶えない新稲の森開放日でした。

フェルデイナンドさんのキッチンカーのハンバーガーとサンドウィッチは完売!!

動くとお腹すきますよね〜(^^)

お昼過ぎからは少し雲が多くなりましたが最後までお天気がもってよかったです。

次回は1月の予定です。箕面市の新稲の森にMTBを持って遊びに来て下さいね。