You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.
Let's Enjoy Mountain Biking

友の会設立趣旨


箕面山麓部のトレイルでは、ハイキング、トレイルランニング、日常の散歩、そしてマウンテンバイクライドなど多くの人びとが、
それぞれのスタイルで山に親しみ、愛着を持って、トレイルで過ごす時間を楽しんでいます。

しかしながら、すべての人たちがマウンテンバイクでトレイルに入ることについて好意的であるわけではなく、
マウンテンバイカーと他のトレイルを楽しむ人々との摩擦が生じていました。

このような状況に危機感を感じた仲間が集まり、これからも箕面のトレイルで、
多様な山の愛好家、活動家、地域住民と共にトレイルを楽しむことができる環境を維持することを目指しています。

友の会のFacebook


友の会Facebook

友の会の様々な活動はFacebookページでも更新されています。
是非いいねしてフォローしてください。

友の会マナーブック

友の会役員


Latest Blog Posts


雪峰祭2022秋〜Snow Peak箕面〜
2022年10月13日

秋🍁真っ盛り

心地のいい季節は外に出て体を動かしたくなりますよね。

箕面マウンテンバイク友の会は久々にイベントに出店させていただきます!!

SNOW PEAKさんが毎年開催している春と秋の恒例イベント【雪峰祭】が今年も開催され

私達は【箕面キャンプフィールド】にて【マウンテンバイク体験会】をさせていただきます。

日程:10月15日(土)のみ

時間:10:30ごろ〜15:00ごろまで

参加費:無料

場所:スノーピーク箕面キャンプフィールド (お車でもお越しいただけます)

イベント要項HPはこちら

気軽に【マウンテンバイク体験】をしていただける様にメンバー一同お待ちしております。

大人用も子供用(ランニングバイク・子供用MTBバイク)もご用意しており、ヘルメットもございますので

「ふらっ〜」と、マウンテンバイク遊びをご体験しにお越しください。

また、「雪峰祭」はブースも様々出店されていて飲食ブースや体験ブースもあります。

※キャンプサイトご予約者以外の方もブースエリアは出入り自由です。

自然に包まれた「箕面キャンプフィールド」でスロ〜な時間を過ごしませんか。

「スノーピーク自然科館」では、雪峰際ならではのストアセールも開催されいて見逃せませんよ〜

イベント自体は翌日の16日も開催されており、この日のキャンプサイトの予約抽選は4倍だったそうです。

大人気過ぎるイベントにお声掛け頂き、参加させていただけて大変光栄です。

また、「スノーピーク箕面キャンプフィールド」は箕面マウンテンバイク友の会の新しいフィールドに

隣接していてとてもご縁を感じる場所でもあります。

お天気も良さそうな15日に「スノーピーク箕面キャンプフィールド」でお待ちしております。

マナー崩壊??それで走れる環境維持できると思いますか?
2022年8月24日

箕面の里山は、どうやって維持保全されていて現状の箕面の環境でのマウンテンバイクの立ち位置などを

こちらのブログにアップするべく切々と書いていましたが、全て消して遠回しに言わずに真っ直ぐに言います。

ハイカーさんと共存しているトレイルで暴走して楽しいですか?

マナーを無視して走っていてこれからも走り続けれると思っていますか?

タイムアタック(計測)は人が歩くとわかっていてする事ですか?

ぜひ今一度「マナー」をご確認いただき個々のモラルを人としてお考えください。

ハイカーさんからのクレームが、行政や山麓保全委員会に以前より多く届く様になってきました。

コロナ禍においてマウンテンバイクを楽しまれている方は増えてきています。

ハイカーさんも同様に増えてきています。

共存していくとはどうしていく事なのか、マウンテンバイクだからと謙る必要はありませんが

軽車両を扱う者としてモラルを持って頂ければと思います。

みんなが本当に楽しく気持ちよく里山を楽しむために、みんなが笑える場所を維持できるために

マウンテンバイクを楽しまれている皆さん

「マナーをもって楽しむ」を心掛けていきましょう。

箕面はもちろんですが「里山」全部に言えることと思います。

楽しく気持ちよくいきましょう。

ライドマナーはコチラ

「マナーブック」をご希望の方(ショップの方、チームの方など)は友の会まで

ご連絡を頂きましたらお送りさせていただきます。お気軽にお問合せくだささい。

楽しむためにマナー
2022年6月14日

大阪が梅雨入りしたとの情報がたった今入ってきました。

とはいえ、梅雨の隙間の晴れ間ではマウンテンバイク楽しみたいですよね。

さて、このところ箕面マウンテンバイク友の会に箕面市のからお話をよく聞きます。

箕面里山の山麓周辺のハイキング道にて

【マウンテンバイクに当たりそうになった】

【マウンテンバイクに驚いた】

【なんでマウンテンバイクが走ってるの】

そんな数々の話を箕面市が受けてその話を友の会に伝えてくれています。

マナーを守っていますか?

箕面の里山はご存知の通り非常に多くのハイカーさんが訪れる大阪を代表するハイキングスポットです。

その中でマウンテンバイクも同様に自然を感じながら楽しませてもらっています。

決してマウンテンバイクの専用の道ではなく優先の道でもありません。

1人1人がマナーを守らないと現状走れている環境が崩壊します。

・自分はゆっくりやから大丈夫・・・大丈夫ではありません

・みんながかっ飛ばしているから大丈夫・・・全然大丈夫ではありません

みんなが楽しみたいし気持ちよく遊びたい。

里山はみんなの公共の場所なんです。

公共の場所だからこそ「マナー」でより快適に楽しめます。

箕面マウンテンバイク友の会では設立当初から「マナーの向上」を皆様に

お伝えして10年後も20年後も楽しめる里山であるようにしましょう。と。

生涯スポーツでもあるマウンテンバイクをこれからも遊び続けれる様に

みんなで「マナー」を当たり前にしていきましょう。

ありがとう新稲の森
2022年4月1日

「ありがとう新稲の森3days」

足を運んで頂きました延べ500名の皆様ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!

こんなにも多くの方がMTB持って遊びに来て下さり最高に嬉しかったです。

新稲の森は箕面市から約9年間無償でお借りしていた場所です。

この様な素敵な場所をMTBの為に貸していただき感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、「ありがとう新稲の森3days」はおおいに盛り上がり

どのお顔をみても楽しいしかない3daysとなりました。

day1を支えてくれた友の会のメンバー

day2を盛り上げてくれたMMC37の主催者及びスタッフの皆様

day3をかっこいい新稲にしてくれて初めてのJAMを盛り上げてくれたFK170のメンバーの皆様

そして、この日の為にオリジナルラベルを作成して下さった箕面ビール様

皆様本当にありがとうございました。

大人も子供も老若男女楽しめて乗って楽しく観て楽しいMTBは最強ですね。

3daysの写真をぜひぜひご堪能ください。

 day2MMC37の写真はこちらから by Disuke Kitagawa

 day3のNiina JAMの写真はこちらから by Ahtushi Fuchino

 day3Niina JAMの写真はこちらから by Katsuya Nakamura

さまざまな思いはありますがまずは感謝の気持ちを忘れずに

次のステップへと進んでいきたいと思います。

皆様ありがとうございました。

新稲の森、本当に本当にたくさん支えてくれてありがとう。